« 迎春 | トップページ | こまった時は神頼み »

真剣ゼミ

ぞーっ。背筋が寒くなった。

昨年、友達の小学5年生の夏の自由研究を手伝ったら、友達からもうけがよく、先生からもほめられたらしい。そのおかげで、今度は6年生になるので中学受験の家庭教師を引き受けることになった。

でも、そんなたいした自由研究はしていないのだが(^-^;)

どうして、こんなことが起こったのだろうか?

実は、その子の自由研究をはじめ見たとき、非常に丁寧に物事を調べきれいに箇条書きにまとめていた。小学生にしては非常に優秀である。

だから、それを見た瞬間、『お前はアホか』と怒鳴り散らした。

たしかに、僕も小学、中学の頃のノートを見ると箇条書きに丁寧にまとめている。でも今、思えばなんて肩のこることをしていたかと思う。箇条書きにきれいに書く先生にほめられるかもしれないが、個々の関係が薄れ非常に全体をつかみにくい。

そこではじめに、画用紙の中心にテーマを書き、そこから箇条書きに調べたことを放射状にちりばめイラストを入れた。そうすることで、全体が一目瞭然になり、個々の関連性や強調すべきポイント、イメージがわかりやすい。

僕としては、その子にテクニックを教えただけで、基本的なことはすでに備わっていたので非常にらくちんでした。

でも、そんなテクニックって学校では習わないんですね。どうも、テクニックが『卑怯』、『ずる賢い』と思われているのでしょうか???当然、先生たちのマニュアルになんか載っているはずはない。

どうせなら、『ゆとり教育』、『個性重視』、『自由』の為に楽してできる勉強テクニックを教えてあげたらいかがですかね(^-^;)

でも、次は中学受験ですので、『つめこみ教育』、『反復練習』あるのみ!!まさに地獄の特訓でのぞみます。子供に人権はない!!!練習あるのみ(^-^;)

その中で、勉強が義務ではなく、数学なら単なるややこしい計算と考えずに数式の美しさ、社会なら生活への利用方法、英語なら英語の話せる楽しさ、大切さを伝えられる勉強方法を教えてあげないといけないし、そこから自分で『個性』と『ゆとり』見つけて育ってほしい。

『ごくせん』、『女王の教室』には負けてられませんね(^-^;)

|

« 迎春 | トップページ | こまった時は神頼み »

「話の泉」カテゴリの記事

コメント

ふむふむ・・・なるほど・・・
最近の子供達は大変ですねっ(* *;)
終身雇用神話も崩壊し公務員もリストラされてしまう世の中になっても
『学歴神話』の崩壊はないのですね(汗)
これからの日本を憂いて親達は『我が子の将来』の為、必死になるわけですね。

確かに学校でテクニックは教えて貰えませんよね!それは塾の専売特許です。
私はそれでいいと思います。学校でしっかりと基礎が出来てテクニックが有り難いと思える!
それに、小学生がテクニックって・・・私はそれこそ恐いです(汗)

これからの社会は『上流』と『下流』に別れると、そんな本がありましたが
その分岐点が小学生から、もしくは幼稚園から始まってるのなら・・・・・
はぁ~っ  いまの子供に私達大人は、なんてお詫びをすればいいのか・・・・・(涙)

投稿: chi-3 | 2006年1月10日 (火) 05時47分

ブログへの訪問Andコメント有難う御座いました。とろサーモン大好きの現役高校生です(^^)私は昔から自分で効率の良い勉強法を考えるタイプだったのですが、弟はそういうのがまったくできなくて高校受験に悪戦苦闘しています。やる気の問題もあるのでしょうが、テクニックなんかも教えてもらえるとありがたいのになぁ~、と思いますね(●v●*)

投稿: キョウ | 2006年1月10日 (火) 16時03分

エツロ〜さん〜〜♪あけおめことよろですぅ〜(^o^)/
日本の教育では論文・発展していきながら考えることが少ないですよね。個人の意見がうまいことかみあわない画一教育も問題です。好きなことが早く見つけられるといいんですけどね。

投稿: harmony | 2006年1月10日 (火) 17時02分

エツロ〜さん〜〜♪あけおめことよろですぅ〜(^o^)/
日本の教育では論文・発展していきながら考えることが少ないですよね。個人の意見がうまいことかみあわない画一教育も問題です。好きなことが早く見つけられるといいんですけどね。

投稿: harmony | 2006年1月10日 (火) 17時02分

教育って難しいですよね。でも私は、敢えて『学歴社会』賛成派です。
と言っても、いわゆる偏差値の高い大学へ進学することではなくて、進学するために努力をすることに意義を感じます。

日本の義務教育は、あってないような時間になってしまっているので、人生の数年間でも、必死で勉強に取り組むことも、試練を重ねると言った意味で必要ではないでしょうか?

なぜなら、社会に出れば、それこそ『人権はない!』と言った状態が多いですからね・・・
頑張ること・耐えること・理解すること、これは、やはり若いうちに(細胞が溢れているうちに)身につけておきたいものだと思います。

そしてテクニックこそが、学歴を生かせる手段にもなりうるのではないでしょうか?
テクニックがなければ、もしかしたら、それまでの努力も宝の持ち腐れになってしまうのかも・・・

投稿: もこ | 2006年1月12日 (木) 01時32分

コメントありがとうございます。言い換えれば、右脳も使った教育なのですかね!?子供の勉強も教えられているのですね!!私は、連銀の件は、勉強不足です。

投稿: けん | 2006年1月12日 (木) 02時46分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/101284/8082547

この記事へのトラックバック一覧です: 真剣ゼミ:

« 迎春 | トップページ | こまった時は神頼み »